梅毒の基礎知識!梅毒の原因から検査や治療について

近年感染者数が急増している梅毒。梅毒はトレポノーマと言う細菌の感染が原因で発症します。梅毒はどのような病気で、どんな検査や治療があるのでしょうか。

*

梅毒を治療しないで放置すると大変なことに

   

梅毒を治療しないとどうなる?

梅毒は性感染症の一つとして知られています。以前は世界的にも大流行していましたが、法律で予防大賞の病気に認定されてからは徐々に報告数が減少していき、すっかり過去の病気という認識が定着していました。

しかし、現在では再び流行の兆しが見られます。特に20歳から24歳までの若い女性の感染者が増加しているので、想像以上に深刻な事態です。

初期段階なら感染した部位にしこりができる程度の症状で、自然治癒する患者さんも多く見られます。ところが、治療をしないまま放置しておくと、全身に病原菌が広がりバラ疹という特有の症状が出たり、脳や心臓などの複数の臓器に深刻なダメージを及ぼすようになります。最悪の場合は死に至ります。

妊娠中の女性が感染した場合は胎盤を通じた母子感染や産道感染のリスクがあります。先天性の梅毒に感染した胎児は早産や死産、奇形になる可能性が高いので、将来生まれてくる子供の為にも早めの検査と治療が求められます。

梅毒の治療はどこに行けば良い?

梅毒の治療は初動が重要です。感染後3か月目から3年以内は第2期と呼ばれる段階なので、この期間内に治療を行えば完治します。症状だと手のひらや全身に赤いバラのような発疹が出る段階です。

何科に行けばいいのかわからない人は、とりあえず男性なら泌尿器科へ、女性なら産婦人科を受診しましょう。自覚症状がない場合も病気は進行していますし、身体に出現していたしこりやバラ疹が消えても油断はできません。

検査だけならすべての医療機関や各地域の保健所でも行っています。血液検査と医師よる診察が行われます。この時感染した時にコンドームを使用していたか、感染したと思われる時期の状況などを伝えましょう。

病院での治療の際には抗菌薬を処方されます。症状の進行度次第では、内服薬に加えて点滴治療が追加されることもあるので、医師の指示に従って治療を進めることが重要です。いつまで内服薬を飲むべきかは病期で差があります。勝手に飲むのをやめるのは厳禁です。